ブログ

  1. 昨今の長納期化問題

    最近の電子部品の長納期化はとんでもないことになってますよね。

    続きを読む
  2. 難航した不具合品対応の思い出

    今日は、以前苦労した不良品対応のエピソードについて書いてみます。私が入社して間もない頃からかかわっていたこの案件については不具合報告を受けてから解決まで、なんと1年半くらいかかりました。。

    続きを読む
  3. 原価高騰による部品の価格変動

    調達している部品に関する価格改定のお知らせを、ここ数か月で通知された方はどれくらいおられるでしょうか・・・?海外からの製品輸入を強みとしてビジネスを進めている当社ですが、実は、為替や原材料費、諸経費等がどんどん高騰しており、やむなく提供単価を上げざるを得ない状況が増えてきています...

    続きを読む
  4. 発注後の注意点と納期トラブルの例

    見積もり取得時や発注時には、必ずリードタイム(L/T - 納期)を確認します。発注後にまず気を付けたいのが、納期の確認です。

    続きを読む
  5. 流通在庫品を買うときのリスク?サポートは?

    最近の部品不足・入手難の影響により、当社へも在庫確認のお問い合わせを相当にいただいている状況です。そういった市場の在庫を、なんとしてでも探さざるを得ない方が今日現在、非常に多いのではないでしょうか。

    続きを読む
  6. 急な生産中止はあるの?

    メーカーからの急な製造中止連絡に困ったことはありますか?数々の試作を終えてせっかく採用したと思ったのに、量産開始後まもなく生産中止の連絡、、。部材変更も簡単ではないでしょうし、部品選定に携わる方々はそういった切替が必要な状況は極力避けたいと思いますよね。

    続きを読む
  7. よくある支払い条件って?そして 貿易条件とは・・・?

    海外との取引では、物流以外にも、お金についても様々な支払い方法があります。

    続きを読む
  8. 怪しげな海外在庫商社、どうやって確認する?

    海外との取引って、なんとなくちょっと不安だったり緊張したりしませんか?特に、初めて取引する相手だと余計に心配ですよね・・・長年信頼関係を築いてきた相手だったり、メーカーと直接取引ができる場合なら安心ですが、初めての取引相手で更にそれが市場在庫品だったりすると、気軽に注文なんて絶対にで...

    続きを読む
  9. 海外送金の種類について

    みなさん、海外にお金を送ったことはありますか?留学とかでもしないかぎり、普通の人はあまり海外にお金を送らないですよね。私もこの会社に入るまでは海外送金なんて考えたこともなかったんですが、いざいろいろな海外メーカーと取り引きをしていく中で、いろいろな送金方法があることを知りました。

    続きを読む
  10. 環境調査などの資料対応は?

    環境調査対応についても、各種証明書や成分資料を提供してくれるのか?大手メーカーであれば事前にウェブサイトに載せていたり、大抵の必要な資料についての情報は絶対に持っているから何かしらの方法で取り寄せ可能ということは、みなさん常識レベルで思っているのではないでしょうか。

    続きを読む

日本ミックについて

 当社は1974年の創立の、電子部品・機構部品等を扱う技術商社です。創業以来、お客様が必要とする情報・商品を的確に素早くお届けすることをモットーに、産業機器や医療器メーカー様など高い信頼性を要求されるお客さまと長年に渡りお取引させて頂いております。

その間、米国、英国、台湾、中国、香港、シンガポール、イスラエル、インドなど、世界各国の取引先との信頼関係を構築し、海外の情報・商品を必要とするお客様の ご要望にお応えする体制を整えて参りました。

お客様の製品の競争力向上のお役に立てるよう、最先端の製品情報、課題解決事例をお届けします。

ページ上部へ戻る